Category Archives: 日記

モルディブ新婚旅行 [4日目]

起床。
ヴィラのデッキから日の出を眺める。

身支度中の妻に声を掛けられ、トイレが詰まってしまったとのこと。
SHINさんに連絡してスタッフを呼んでもらった。手際よく詰まりを直してもらい、朝食を食べにコートヤードへ。大きくはメニュー変わってないけど、満足。

ヴィラに戻ってシュノーケリングの準備をして、エクスカーションのガイドシュノーケリングに向かう。
自分たち以外に参加者がいなく、貸し切り状態。

この時期はコロナの影響もあって例年よりお客さんが少ないらしい。特に中国はモルディブに入国できないから、中国の団体客もいない。こちらとしては静かで良いけど、リゾート側としては手痛いだろうな。

船で沖に向かい、ガイドさんに続いて飛び込む。結構深いところだけど、透明度が高いので底の方まで見える。魚もいっぱい見れた。残念ながら、亀とかの珍しい生き物は見れなかったけど、楽しかった。

リゾートに戻って、そのまままたリゾートの周りでシュノーケリング。すっかりシュノーケリングにハマってしまった。

お昼くらいに上がって、SANGSのプールに少し入ってヴィラに戻る。

EC7B8B39-D5BE-4337-9849-5E872419128C

この日のランチは「JUST GRILL」。昨日の「SIMPLE VEG」と同じくここも予約が必要なレストラン。メニューはお肉中心。同様にメニューからそれぞれ食べたいものを選択する。今回も勘で選ぶ。どれも美味しくて満足。ボリュームも「SIMPLE VEG」よりはちょうど良かったかな。

1B930008-AD7A-4F93-B9B0-39F68F2796FA

ヴィラに戻って、シュノーケリングの格好に着替えてダイビングセンターへ。カヌーを借りてリゾートの中をぐるっと一周する。

その後、またシュノーケリング。時間のある限りシュノーケリングしまくった。全然飽きない。

夕食は、コートヤード。
この日はスタッフがモルディブの伝統的な衣装を着てて特別な日とか言ってたけど、食事はそんなに変わらなかったかな。相変わらず美味しいけど。

最後の夜ということで、食べ終わったあと砂浜の椅子で少し夜空を見上げてのんびり。

ヴィラに戻って湯船に浸かって就寝。

モルディブ新婚旅行 [2日目]

ホテルのレストランで朝食。
ビュッフェ形式。

ホテルはビーチ沿いにあるため、席からビーチが見える。
日差しと目の前に広がるビーチに、モルディブに来た実感が湧く。

食事後、身支度を整え、ホテルをチェックアウト。
送迎の時間まで少しあったので、目の前のビーチで少し写真を撮る。

D5BEFA83-7705-4BD9-849B-2EBEBCD06102

時間になり、空港までバンで送迎してもらう。
空港に到着すると、男性が待っていて、誘導されるがままサンゲリのブース?のようなところに連れてかれる。
そこからまた別の男性に引き合わされ、今度はホテルに向かうスピードボートのところまで連れてかれる。

ホテルからスピードボートまでの連携がスムーズで凄いなと思う。裏でどうやって管理してるんだろ?

それはさておき、ボード乗り場の海が青くてきれい。マレでこれだけきれいなので、島ではどうなるのかと期待に胸踊らす。

70FE5FBC-97BC-4AAE-8554-113B4326E0D7

スピードボートの乗り込み、リゾートへと向かう。時間にして45分くらい。途中幾つかのリゾートが視界に入り、テンションが上がる。

リゾートに到着すると、船着き場ではスタッフの方が待っていて、太鼓叩いてたりと歓迎ムード。

降りてすぐの建物がレセプションっぽい。
ウェルカムドリンクをいただいて、呼ばれるまで待っているとリゾートのマネージャーが挨拶に来た。
その後しばらくして、日本人スタッフのSHINさんが挨拶に来た。日本人スタッフがいて安心した。いなくても何とかなると思うけど、やはり円滑にコミュニケーションが取れる日本人がいるとホッとする。

STW特典のエクスカーションの手配なども、SHINさんが事前にやってくれていた。後でやろうと思ってたので、とても助かった。

島の案内やスケジュールの説明を聞いた後、バギーで宿泊する水上ヴィラに連れてってもらう。

4CEF12E7-D2C4-4B05-91D9-38F752A4C6A8

憧れた水上ヴィラ。
思ってたより部屋も広く、窓からは海が見渡せ、床に下が見えるガラス部分があったり、裏からすぐに海に降りられたりと、テンション上がりまくる。

88ADBAE9-425E-46BB-85CA-600C1DA38525

部屋の説明と、電話の使い方の説明が終わると、SHINさんは帰っていった。

お昼の時間だったので、少しヴィラを味わったと、散歩しつつレストラン「コートヤード」へ。

F5FA3C6B-30E6-4675-9088-C612A9CF617B

基本的に全ての食事は、ここ「コートヤード」で食べる。他に2つれストレンがあるが、そこは行ける回数が決まってるのと事前に予約が必要。

「コートヤード」はビュッフェ形式だが、種類も多く、どれも美味しそうでテンション上がる。ドリンクもスタッフの方に声をかけ好きなものを注文する。
気兼ねなく好きなものを頼めるオールインクルーシブは素晴らしい。

食後は、また島を散策。中、自転車を見つけたので早速乗る。
リゾート内には自転車があり、誰が乗っても、どこで乗って、どこで乗り捨てても良いらしい。
ただ、メンテされてないようでボロボロだけど。。

自転車で島の端のロックバーへ。
写真撮ったりブランコ乗ったり。人が全然いない。みんなどこにいるんだろう?

島の散策が終わったら、シュノーケルセットを借りて、ヴィラから海に降りてシュノーケル。

35118298-E050-407F-8E48-0301E250370C

そこかしこに魚がいてテンション上がる。
夕方まで潜りまくる。

夕方になり、海から上がって再度ロックバーに。
ビールをもらって、ロックバーの2階からサンセットを眺める。

625B8BF4-C6F6-428C-9DD2-127A0DE188FE

日が暮れたら、夕食を食べにコートヤードへ。
ランチとはまたメニューが違っている。これだけメニューが変わるなら、毎日でも飽きそうにない。しかもどれも美味しい。口に合わないものは殆どなかった。

DF833CA9-9498-41FB-8C60-7ABE7A7619BC

夕食後はヴィラに戻る。
ヴィラにはバスタブもあるのでお湯をためてゆっくりする。

最高な気分で就寝。

モルディブ 新婚旅行 [初日]

直前まで新型コロナの影響で、渡航できるか心配してたが無事に行けそう。

当日朝は、自宅から渋谷までタクシーで移動。成田空港行きのバスを予約してたので、それに乗車して成田空港へ。

新型コロナの影響で成田空港も閑散としてるかと思ったけど、そうでもない。
レンタルWiFiをピックアップして、スリランカ航空のチェックインカウンターに並ぶ。日本人の乗客は少なめ。

定刻になりフライト。
コロンボまでは10時間くらい。本を読んだり映画を観たりして過ごす。

機内食は、昼と夜の2回出た。
味は美味しかった。

夜の食事の前に、CAさんからケーキをいただく。
スリランカ航空のハネムーン特典のケーキ。

1D2EF957-00A5-4C13-86BB-57C8A6250791

ほどなくしてコロンボに到着。
ここからモルディブのマレに乗り継ぎ。

マレまでは1時間ほど。機内で軽食も配られた。
到着が夜になることを考慮して、日本でご飯買ってきたが、いらなかった。。

マレ到着。
到着ゲートを出ると、STWの看板を持ってる人がいたので、声をかけて、現地の日本人向け旅行代理店の案内所のようなところに誘導される。そこで日本人の女性に引き合わされ、他のお客さんが揃うまでしばし待機。

その後、他のお客さんとともにホテル送迎のバンに乗り込み、本日宿泊のフルマーレのホテルへ。

ホテルは、オーシャン グランド アット フルマーレ
ウェルカムドリンクを提供された後、翌日のピックアップの時間を確認して、部屋に案内される。

ホテルはSTWで手配してもらって、安い宿と聞いてたので期待してなかったが、十分にきれいなホテルだった。

34E52C82-5540-4013-904A-B4E10B2DA558

時間も遅かったのと、移動の疲れがあるので、この日はシャワーを浴びて就寝。

モルディブ 新婚旅行 [準備]

計画

2019年12月。

そろそろ新婚旅行の計画でも立てようかと妻と話してた。
新婚旅行は、妻の好きな国「アイルランド」かリゾートの「モルディブ」かの2択だったが、昔からの憧れでもあり、島が消滅してしまう可能性もあると聞いたので、モルディブに決めた。

モルディブに決めたものの、リゾート地ということくらいで、それ以外のことはよく知らなかったので、相談も含めいろいろと話しを聞こうと、エス・ティー・ワールドの渋谷店を訪れた。

予約もせずに行ったが、スタッフの方が丁寧に対応してくれた。

どんなホテルに泊まりたいか?どんなことをしたいか?予算は?宿泊日数は?などを尋ねられ、希望の中からオススメのリゾートとプランを提案してもらった。

モルディブは1島1リゾートで、その数は100以上になる。
しかもリゾートによって特徴は様々なので、とてもじゃないが、自分たちだけでは決めきれなかったと思う。

担当してくれたスタッフの方は、知識があり、実際に現地にも足を運んだことがあるので、とても心強かった。

最終的にリゾートはオーブルセレクトアットサンゲリに決めた。
理由は、ハウスリーフが豊富なこと、比較的新しいこと、水上ヴィラに泊まれること、訪れる日本人も少なく海外感が味わえること、担当してくれたスタッフの方も実際に行ってみてオススメだったこと。

予算的にオーバーしてしまったのだが、初日はモルディブのマーレに宿泊して、翌日にリゾートに移動するプランを提案していただき、ほぼ予算内に収まった。

プランはこんな感じ。

  • 日程は3月上旬 モルディブ 4泊6日
  • オールインクルーシブ
  • 航空会社はスリランカ航空
  • コロンボ(スリランカ)経由モルディブ行き
  • 初日はマーレ宿泊
  • 翌日にスピードボードでリゾートに移動して3泊
  • リゾートはオーブルセレクトアットサンゲリ

このプランに納得していたし、熟考しても変わらないと思ったので、その場で申込をした。

その後、出発まで、質問や不安があれば、担当の方にメールすれば直ぐに回答してもらえるし、現地での送迎なども特に問題なかったので、今回エス・ティー・ワールドで手配して正解たと思う。

旅行準備

 

 持って行くと良いもの

日焼け止め

日差しが強烈なので日焼け止めは必須。シュノーケル中、手の甲に塗るのを忘れてしまったのだが、おかげで酷い日焼けをしてしまった。

サングラス

日差しが強いので。殆どの人がサングラスしている。

 

ラッシュガード(上下)

シュノーケルなどマリンスポーツをやるならあったほうが良い。自分たちは長時間シュノーケルをやってたので、ラッシュガードがなかったら大変なことになってたと思う。
他に着てる人は殆どいなかったが、快適に過ごすには必須。
楽天で安いのを買ったが十分だった。

サンダル

オーブルセレクトアットサンゲリは部屋にビーチサンダルがある。これは支給されてるもので持って帰っても良い。
ただ、これが足に合わないこともあるし、長時間歩くには向かない場合もあるので、履き慣れたサンダルがあると良い。

防水スマホケース

マリンスポーツをやるならあると良い。
特にスマホケースに入れたまま撮影ができるものが良い。シュノーケルでは、防水スマホケースに入れたiPhoneでたくさん水中の撮影してきた。
水中カメラなどを用意するのなら不要かも知れないが、貴重品を入れるような防水ポーチのようなものはあった方が良い。
オーブルセレクトアットサンゲリの部屋はカードキーなので、防水スマホケースにiPhoneと一緒に入れておくことができた。

僕はこちらを使った。防水機能は問題なく、ケースの上からも撮影ができた。海中で撮影する時はちょっとコツが必要だったので、練習してから行けば良かった。

 

 

用意したが殆ど使わなかったもの

マルチプラグ

オーブルセレクトアットサンゲリの水上ヴィラの電源タップは、どのようなプラグ形状にも対応できる形になっていた。

海外用レンタルWiFi

リゾート内で使えるWiFiがある。水上ヴィラまで届くか不安だったので持っていったが、水上ヴィラでもLINEやネット検索するくらいはリゾートのWiFIで十分だった。
移動中の空港にもフリーWiFiがあるが、繋がりにくいので、そういうところでもネットに繋ぎたい場合は、レンタルWiFi持ってると良いかも。

服装について

日本の夏と同じ服装で良い。滞在中は、Tシャツとハーフパンツ、サンダルで過ごした。

フォーマルなレストラン用にポロシャツも用意したが、Tシャツでも大丈夫そうだった。(Tシャツの人もいた。)

夜、急に冷え込んだりすることもないので上着も必要なかった。

シンガポール&台湾旅行[6日目]

朝食は手作りの台湾のオーソドックスな朝食。なのかな?
チエックアウトをして荷物を預けて、
電車で龍山寺駅へ向かう。
IMG_3429
龍山寺を観光。
行天寺とはまとちょっと違う雰囲気のお寺だった。
電車で台北101へ。
IMG_3440
展望台に行くにはそれなりにしたので別に1人だったし上には行かず周りをブラブラする。
いい時間になってきたのでホテルに戻る。
途中でマンゴーフローズンヨーグルトを買ってホテルで荷物をピックアップ。
MRTで空港に行って成田空港までフライト。
帰国。
今回は全ての手配を自分でやったけど、
ネット環境が充実してきたためか特に難しいこともなく滞りなく行えた。
また海外でスマホが使えるのは心強い。
新しい国、知らない土地だろうとスマホがあればその場で調べて対処ができる。
もちろん過信は禁物だが、それでもスマホがあることで海外がぐっと近く感じられるようになった旅行だった。

シンガポール&台湾旅行[5日目]

朝食はホテルから朝マックが支給。
普段は朝食を作ってくれるらしいがそういう日もあるらしい。
この日は九份に行きたかったので、ホテルのフロントの人に行き方を聞く。
どうやら忠孝復興駅からバスで行くのが一番良さそう。
だが、十分という場所もお勧めされ、両方行くなら電車の方が良さそうだったので電車で行くことにした。
まず台北駅から瑞芳駅に行き、平渓線に乗り換えて十分へ。
十分で観光してから瑞芳駅に戻りバスで九份に向かうスケジュール。
九份方面へは午後から向かうことにしたので午前中は行天宮へ。
IMG_3270
その後小籠包で有名な鼎泰豐に行って、小籠包と野菜餃子、ワンタン麺を食す。
IMG_3284
電車で台北駅に向かい瑞芳駅。
平渓線に乗り換えて十分へ。
平渓線の列車は1時間に1本だから事前によく調べてから行かないと時間を無駄に過ごすことになるので注意。
十分ではみんなランタンを上げていた。
IMG_3310
時間に余裕があったので歩いて十分大瀑布という滝へ向かう。
大体歩いて20分くらい。
IMG_3344
滝を見て少し休憩してから十分老路に帰る。
十分滞在は約2時間。このくらいがちょうどいい。
電車を待って乗り込んで瑞芳駅へ。
バスに乗り換えて九份へ。
提灯のイメージがあるのでまだ明るいうちに着くとそこまでの感動はない。夜まで九份をぶらつく。
夜になっていい感じになり、一通り回って帰ろうとしたが、有名な階段のところの渋滞がヤバい。
IMG_3405
観光客がごった返していて全然歩けない。
時間に余裕持っておかないとヤバそう。
何とか渋滞を抜けて帰りのバスを待つバス停へ。
そもそもバスの本数が少ない上に、
ようやく来たバスが満員で乗れないと。。
仕方ないのですぐ横のタクシーを利用することに。
タクシーは基本相乗りで、台北駅まで1人300元。
一律だし比較的安いので基本タクシーで帰ることを進める。
ただ、客引きをしてる人が怪しさまんてんなのでボッタクリじゃないかと疑う人は多いだろう。
ちなみにタクシーが死ぬほど飛ばすので、遅くても良いから安全運転で走って欲しい。。
台北駅からは再び士林夜市へ。
今回は、アワビのお粥と、牡蠣入り素麺、パパイヤかき氷を食べて、フルーツとお土産を買って帰る。
IMG_3422
ホテル近くで職場用のちょっといいお土産も購入して帰る。

シンガポール&台湾旅行[4日目]

朝一でホテルをチェックアウトして電車でチャンギ国際空港へ。
チェックインして台湾桃園国際空港へフライト。
台湾に夕方に到着。
空港から宿泊するホテルまでは電車で向かうことに。
最初券売機でチケット購入に戸惑ったが、案内のお兄さんが親切に教えてくれた。
MRTで台北駅に出て、乗り継いでホテルの最寄の中山駅に。
歩いて今回の宿泊先であるホーミーハウスへ。
予約した部屋はとても広くて清潔で、
前のホテルとは全然違って感動。
少し休憩して、士林夜市に向かう。
IMG_3265
夜市では、葱まんじゅう、牛麺、水餃子、フィッシュボールスープ、グァバジュースと食い倒れる。
お腹がパンパンになったので
ホテルに戻って就寝。

シンガポール&台湾旅行[3日目]

朝食は、一昨日夕食を食べたホーカーズでフィッシュボール・ミーを食べる。
IMG_3156
Sさんがこちらのホテルまで来ると言うので待って合流してから
また同じホーカーズで海鮮チャーハンを食べる。
 朝食を食べたばかりだったので全部食べれず。。
ご飯の後はセントーサ島に行くために、電車でラベンダー駅からハーバーフロント駅へ。
そこからは歩いて橋を渡りセントーサ島へ。
IMG_3164
IMG_3172
思ってた以上に大きな島だ。
島をフラフラ歩きながらビーチへ向かう。
ビーチの人気がないところを探してドローンを飛ばす。
ビーチを長時間歩いて流石に喉が渇いたので、ビーチでビールをいっぱい。
IMG_3181
シンガポールはアルコールが高いらしく、15ドルもした。。
その後ビーチをタラタラと歩き、いい時間になったのでモノレールでセントーサ島を出ることに。
一旦ハーバーフロント駅に戻りマーライオンパークに向かうためラッフルズプレイス駅へ。
駅から歩いてマーライオンパークへ。
IMG_3191
世界がっかりスポットと言われるマーライオンだが、大分期待値を下げていったので、思ってたより立派だった。
マーライオンを見て、チリクラブを食べるためにジャンボというレストランを目指す。
ジャンボはそこそこ高級なお店らしく、チリクラブとかた焼きそば、ビール1杯でひとり50ドルくらいした。
IMG_3199
でも味は美味しかった。
日もくれて、再びマーライオンパークに向かい、そこからシンガポールフライヤーに向かう。
シンガポール・フライヤーは特大な観覧車。
一部屋10人くらい入れて立って歩くこともできる。
このサイズの観覧車があることにびっくりだ。
IMG_3231
シンガポールの夜景が一望できてすごくきれいだった。
その後はマリーナ・ベイ・サンズに向かい、光と水のショーを見学。
IMG_3247
流石にこの日は歩き疲れたので上には登らず駅で解散してホテルに帰る。
明日は台湾に向かう。

シンガポール&台湾旅行[2日目]

朝食はホテルの下のレストランを利用。
ビュッフェ形式で料理はオーソドックスな洋食。
昨日は気づかなかったが周りが殆どインド人の宿泊客だった。
朝食を済まし、Sさんの泊まってるホテルに向かう。
途中ムスタファ・センターに寄ってみる。
IMG_3086
インドの雑多なショッピングモールみたいだった。
お土産などはここで買ってもいいかも。ついでに両替もここで済ませた。
リトル・インディアを通り抜けて、Sさんと駅で合流。
そのまま電車でAさんの住むジュロンイースト駅へ。
駅の周りは大きいショッピングセンターがあって住みやすそうな街だ。
Aさんが来るまでスタバで待って、合流。
お昼はAさんがよく行くというホーカーズへ。
途中いい感じで拓けたところがあったので、
Sさんが日本から持ってきたドローンを飛ばす。
IMG_3099
ドローン楽しい。
その後目的のホーカーズに向かいチキンランスを食す。
IMG_3105
ご飯の後はAさんの自宅兼職場のマンション見学を。
IMG_3106
プール付きの高級マンション。
それなりのお値段はするけどこれは憧れる。
マンションで少し休んだ後、
hubspotシンガポール支社見学へ。
IMG_3118
ザ・ベンチャーという感じの社内でいい刺激になった。
一旦Aさんと別れてSさんが宿泊しているホテルへ向かう。
途中の広い公園で再びドローンを飛ばす。
ホテルでちょっと休んでからタクシーでナイトサファリへ。
Uberでタクシーを呼んだが、運ちゃんが待ち合わせの場所が分からなくて、あとトイレに行きたいとかで終始機嫌が悪かった。
ハズレを引いた。。
ナイトサファリでAさんと合流して、食事を。
IMG_3143

ウォーキングで幾つか動物をみたあと、
クリーチャーショーを見学。
IMG_3150
思ってたよりショーの舞台と観客席が近くて楽しかった。
その後トローリーに乗り込んで園内一周。
夜中の動物園というシチュエーションだけでワクワクしてしまう。
ただ当然園内も暗いので、結構動物を探すので目が疲れてしまった。
 Aさんと別れて、僕らはタクシーでリトリインディア駅に向かい解散。
明日はセントーサ島に行く。

シンガポール&台湾旅行[1日目]

4:30に起きて自宅から高速バス乗り場である大崎に向かう。
大崎駅から高速バスで成田に向かう。
成田空港に着くと、今回のフライトのChina Airlineへ向かう。
チェックインはEチェックインを利用。
IMG_3061
機械は4台くらいあったが使ってるのは自分くらいだった。
並ばずにチェックインできるのでこれは便利。
荷物だけ預けて搭乗ゲートへ。
抱えてた仕事が直前で炎上してしまったので、離陸直前までスマホで任せてきた後輩に指示を出すハメになってしまった。。
ただ幸いにもそれ以降は落ち着いたようで少しホッとした国外に行くことができた。
約3時間のフライトで台湾桃園国際空港へ。
ここでシンガポール行きに乗り換え。
5時間ほどのフライトでシンガポールのチャンギ国際空港に到着。
空港からホテルまでは電車を利用することにした。
駅の窓口でEZ Link CardというICカードを購入。
電車でホテルの最寄駅のラベンダー駅へ。
駅から徒歩15分くらで今回宿泊するホテルへ行ってチェックイン。
部屋は思ってたより狭かったけど、殆ど寝るだけなのでまあ許容範囲内。
軽く小腹が空いてたので、ホテルの周りを散策して中華系のお店が多いホーカーズでビーフンスープを頼む。
 IMG_3083
 優しい味で美味しかった。
ホテルに帰ってシャワーを浴びて寝る。
明日はSさんと合流してAさんの住んでるところまで向かう。