矯正治療計画

矯正前の検査、
レントゲンや葉の並び、
葉の磨き方などの検査も終わり
今日は今後の進行について話をしてきた。
検査の結果では
早ければ次の次から装置を付け始められる。
ただし、その前に外科に行かなければならない。
と言うのもレントゲンで過剰歯というものが発見されたからだ。
乳歯でも永久歯でもなく余分な歯の事らしい。
普段の生活には支障はないのだが、
治療にあたって邪魔になる可能性があるらしい。
なので、外科の先生の診断次第では、
まずその過剰歯を摘出する事になるかもしれない。

4 thoughts on “矯正治療計画”

  1. 良くないよ。下手したら切って、摘出だよ。
    めんどいよ。
    インプラントは医者によってかなり差があるようなので、
    しっかりと良い歯医者選んでね。

  2. あたしも矯正してた。
    小3〜中2まで。
    辛かったぁ。
    小学校はドイツだったからその手の医学は進歩してて順風満帆に進んでたのに
    帰国してきたらドイツと同じ治療が受けられなくて
    色々たくさんやり直した。。。
    お金掛かるけどね見た目とか噛み合わせとか治しておいたほうが良い。
    新庄ほど白くする必要ないけど。

  3. 矯正してたんだ。
    しかも小3〜中2って長いねー。
    オレも小さい頃から矯正したいとは思ってたんだけど、
    あの金具が嫌でね。
    でも前歯も無くなってしまったし、
    良い機会なのでやる事にしました。
    お金かかるけどね‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です