アマデウス

脚本もテーマ、衣装、そしてこの映画にはかかせない音楽。
それら全ての完成度が高い。
オペラやクラシックに特に興味がある訳ではないが、
この作品を機に足を運んでみようかと思った。
※以下ネタバレあり
まずアマデウスがモーツァルトの事だと初めて知った。
そして彼が天才であり、品行もよくなかった事も知った。
ストーリーは事実に脚色を加えた半分フィクションなのだが、
知識もなく観たら事実であったと感じてしまうだろう。
そのくらい自然な話の展開となってる。
だから僕はこの作品のあとに改めてモーツァルトとサリエリについて調べた。
特に音楽の腕もそこそこで自己中心的だったサリエリのイメージは180°変わる。
立派な人徳者であり彼もまた天才だったようだ。
ただ、同じ時代に更に上のモーツァルトという天才がいた事が彼にとっては不運だったのかも知れない。
その才能に嫉妬しながらも惹かれてしまう。
映画ではその葛藤がよく描かれてた。
向上心があれば切磋琢磨できる相手はお互いの成長を促す。
だけどその相手があまりにレベルが違い
どんなに努力しても自分には一生届かないと気付いた時。
それを受け入れるのは結構な勇気がいることだ。
サリエリはモーツァルトのレクイエムの曲作りに協力してる時に、
音楽の創造の楽しさが嫉妬を超えようとしてたのだと思う。
しかしそのタイミングであの結末を迎えてしまった。
サリエリはどれほど後悔したことだろうか。
今の自分とリンクする部分が多々ある。
それだけに最後の結末が非常に切ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>