ドラゴン・キングダム

分かる人には分かる。
ジャッキー・チェンとジェット・リーの共演。
これがいかに素晴らしいか。
コミカルなアクションと身体を張ったスタントで
多くの少年の憧れだったジャッキー・チェン。
舞うような軽やかな動きで観るものを魅了する
ジェット・リー。
とにかく二人の映画は観まくった。
共にカンフー映画出身ながら、
そのスタイルが異なるのがまた面白い。
そしてその二人のドリームマッチがこの映画で実現した。
正直、二人の対決だけでも十分観る価値はある。
と言うか、この映画のメインディッシュはそこだと思ってる。
まだまだ観ていたいけど、決着はついて欲しくないから複雑な心境である。
ハリウッド映画なのでいまいち期待はしてなかったのだが、
なかなか満足できる内容だった。
できたら最盛期に二人の共演を観たかったと思うが、
観れただけでも幸せだ。
今は今なりの味もあるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>