Category Archives: 未分類

モルディブ新婚旅行 [5日目〜帰宅]

コートヤードでの最後の朝食。
最後なので目一杯食べたかったけど、連日食べまくってるのでそんなに食べれずいつもの量で。

ヴィラに戻り、最後を惜しみつつ写真を撮る。

52E38C20-CC97-4820-B390-B929867AD449

荷造りしてレセプションに向かいチェックアウトをする。スピードボートの迎えまでまだ少し時間あるのでビーチに向かう。
サングスで時間まで少しだけのんびり。

8B45CD0A-F5B0-4E4F-BEF2-B9FDD8C75321

時間になりレセプションに向かう。
SHINさんに挨拶してスピードボートに乗り込む。自分たちしかいなくここでも貸し切り状態。

スタッフの方々が見送ってくれた。別れを惜しみつつ、スピードボートはマレに向かう。

マレに付いたら日本語が話せる男性の方が自分たちを見つけて、空港のチェックインとかの案内をしてくれた。案内が終わると直ぐに別れて、あとは自分たちで搭乗して帰るだけ。

早めにチェックインして空港でお土産買おうとしたけど、免税ブランド品ばかりで、モルディブっぽいちょうどいいお土産が全然ない。しかたなく紅茶を買う。モルディブじゃないけど。

搭乗手続きまでカフェで時間潰して、フライト。
コロンボ空港に到着したら、乗り継ぎ便まで時間あったので空港でのお土産を物色する。チョコレートなどを買って、搭乗手続き済ませて成田へ。

夜のフライトだから殆ど寝て過ごす。
朝成田に到着し、バスで渋谷、そこから自宅へ帰る。

振り返って

最高の新婚旅行だった。行き先をモルディブにしたのも正解だった。イメージしてた以上に素晴らしくて、楽園という言葉がぴったりだった。

コロナで直前まで行けるかどうか不安もあったが、行ってみたら、逆に人も少なく、静かに快適に過ごせた。

モルディブ人の特性なのかは分からないが、リゾートのスタッフもとても気さくで、目が合えば笑顔で挨拶をしてくれる。陽気な天気と相まって、開放的な気持ちになれた。

宿泊したサンゲリの立地、施設、サービス、ホスピタリティ、料理の味、どれも最高だった。

一度行ったところに再び行くよりは新しいところに行きたいと思う質だが、ここは一生のうちでまた訪れたいと思ったところだった。

一生の思い出に残る旅行だった。

76DE944A-2A15-45A9-827B-0D82B49D1DD6 818803F7-8723-453D-B9D1-87D629F09C01

1DF3731F-28C0-4023-93E1-ECFE292FFC75

モルディブ新婚旅行 [3日目]

朝食を食べにコートヤードへ。
朝食っぽいメニューが並ぶ。どれも美味しい。毎回食べ過ぎてしまう。。

朝食の後は、STW特典のフォトセッション。スタッフの方が写真を撮ってくれるというもの。
時間になり、SHINさんがヴィラに来る。ヴィラで何枚か撮影した後、歩いてビーチに向かう。歩いてビーチに向かう途中も撮影してくれたり、「ここで撮ると良い」「こういうの撮ると良い」などSHINさんからいろいろ提案もしてくれた。
おかげで2人では撮れなかった、思い出に残るいい写真がたくさん撮れた。この特典があって本当に良かった。

330AA651-A387-491C-9E5B-F9B923B6DA20

7B6FF75D-923A-4307-ABA5-76C2E605DE62

D97629C6-0E6E-496F-9D72-62571D467360

42E407EB-4FFB-47E8-9665-1DB4DB9B703F

 

そのあとサングスでモクテルを飲んで少し休んだ後、昼食までシュノーケリング。昨日とは違うところを潜る。場所によっている魚も違って楽しい。

お昼の時間になったので、「SIMPLY VEG」へ。ここは予約が必要なレストラン。野菜中心のコースメニューを提供している。
料理はオードブル、メイン、デザートなどからそれぞれ好きなものを選択するスタイルだが、メニュー読んでもどんなのが来るのかよく分からなかったので感で注文。
どれも美味しかったのだが、ボリュームがあり、妻は食後しばらく動けなくなった。

A7E913E7-6227-4767-BA1C-F4E2E1BE71C2

ヴィラに戻り、エクスカーションのサンセットフィッシングの時間まで少し昼寝をする。のんびりする時間も大事。

時間になりサンセットフィッシングへ。
ドーニに乗り込み、沖合へ。釣り糸に釣り針を付けただけの簡易的な釣具で釣りをする。何度かヒットするものの逃げられる。この日は誰も釣れなかったみたい。

サンセットの時間まで釣りをやって、餌もなくなって終了。
サンセットを見ながらリゾートに戻る。

F7D0B2AE-7B9B-4628-932C-8A6C759B132D

夕食はコートヤードへ。少しずつメニューが変わってるから毎回楽しめる。あまり量が食べれないから全て食べきれないのも、飽きない理由かも。

ヴィラに戻って、お風呂入って就寝。

シンガポール&台湾旅行[出発前]

今年の長期休暇は久しぶりに海外に行こうかなと思った。
海外は前回のカンボジア旅行から実に約7年ぶり。
最初に思いついた候補地は前からずっと行きたかったベトナム。
だが、よくよく調べてみると休暇を取る9月はベトナムは雨季らしい。
さて、どうしようかと思ってたところに、業務委託で一緒に仕事してるSさんが、その時期にシンガポールに行くらしいと耳にした。
そう言えばシンガポールにはまた別の、昔うちで業務委託してたAさんが移住していた。
いい機会なのでSさんの予定に便乗して、僕もシンガポールに行くことにした。
でもシンガポールで5泊は飽きそうだったので、シンガポールと前から行きたかった台湾を合わせることにした。
候補地が決まったのが、休暇の約3週間前。
まずはチケットとホテルをおさえる。
今回は全て個人で手配することにした。

航空券

まずはskyticketで航空券を探す。
最安値は当然LCCだが、時間や乗り継ぎが悪い。
幾つか調べた結果、往復でChina Airlineの台湾経由シンガポール行きが、時間とコストのバランスからベストと判断。
早速購入しようとするとパスポートの入力欄が。
実はパスポートは3年ほど前に期限が切れてたので、これから申請する予定だった。
早いうちにチケットを確保したいのだが、これは辛い。
そこで利用サイトをexpediaに変更。
同じチケットを探し申し込み画面に進む。
こちらのサイトではパスポートの入力欄がない!
無事expediaで航空券を確保する。

ホテル

次はホテルの予約だ。
ホテルはagodaを利用。
シンガポールはSさんが泊まるホテルの近くで、Aqueen Hotel Lavender を、台湾はHomeyhouse を予約。
前回までは格安のゲストハウスなどに宿泊してたが今回はゆっくりしたかったので両方ともホテルにした。

海外レンタルWiFi

今回の旅行は現地で知り合いとやり取りもするし、
仕事も少し気になるのでWiFi環境が必要。
候補としてはSIMかレンタルWiFIがあるが、今回はレンタルWiFiでjetifiのアジア周遊500MB/日を選択。
初めての利用だったが結果として大満足だった。
500MBもちょうど良かったし、大容量バッテリーなので一日中点けっぱなしでも十分保った。

海外保険

あとは海外保険を契約。

 空港までのバス

成田空港までは高速バスを予約。
 バスはWILLERの大崎→成田空港のバスを予約した。
あとは当然新しいパスポートも取得してこれで旅行の準備は万端。
今回はスマホも持ってくので、細かい旅のプランは現地で考えることにして気楽な感じで旅立った。

ザ・トライブ

複数の観点で捉えることができるので思いつくままに。

言葉

この作品はすべての会話は手話のみで言葉はない。なので手話が分からない人には会話の内容が分からない。

言葉にしなくても、表情やボディランゲージ、シチュエーションで何が起きてるのかそれとなく掴めることはできる。しかし読み取れるのはほんの一部であり、またそれが正解とは限らない。どれだけ読み取れるかは観察眼やその人の生きてきた経験にも依る。人により解釈は様々だろう。

人は自分の意志を伝える手法なくしてコミュニケーションが取れるような単純な生き物ではない。言葉、と言うか相手の理解できる言語で伝えることはとても重要だ。伝えなくても解ってもらおうとせず、相手が理解できるように伝えるという思いやりが大事なのかも。

言葉の強さ
この作品では何度か暴力的なシーンがある。直接的な暴力の他、おそらく手話での罵詈雑言もある。手話はジェスチャーを含むので怒りを強く感じるが、言葉で発せられるより深く傷つくことはない気がする。それだけ言葉には力がある、強い言葉は人の心を深く抉る。きっと逆もしかり。もっと言葉を意識しようと思った。

聾コミュニティ
実際のところは分からないのだがこの作品からは閉鎖的な感じを受ける。少し外界と隔たりがあり、それ故にその世界のルールが存在するような。別に聾者に限ったことではなく、そのような世界では暴力や犯罪が起こることはよくある話で、そこは聾者か聴者かとか関係ないと思う。

以上。
…書きなぐりになってしまった。。