モルディブ 新婚旅行 [準備]

計画

2019年12月。

そろそろ新婚旅行の計画でも立てようかと妻と話してた。
新婚旅行は、妻の好きな国「アイルランド」かリゾートの「モルディブ」かの2択だったが、昔からの憧れでもあり、島が消滅してしまう可能性もあると聞いたので、モルディブに決めた。

モルディブに決めたものの、リゾート地ということくらいで、それ以外のことはよく知らなかったので、相談も含めいろいろと話しを聞こうと、エス・ティー・ワールドの渋谷店を訪れた。

予約もせずに行ったが、スタッフの方が丁寧に対応してくれた。

どんなホテルに泊まりたいか?どんなことをしたいか?予算は?宿泊日数は?などを尋ねられ、希望の中からオススメのリゾートとプランを提案してもらった。

モルディブは1島1リゾートで、その数は100以上になる。
しかもリゾートによって特徴は様々なので、とてもじゃないが、自分たちだけでは決めきれなかったと思う。

担当してくれたスタッフの方は、知識があり、実際に現地にも足を運んだことがあるので、とても心強かった。

最終的にリゾートはオーブルセレクトアットサンゲリに決めた。
理由は、ハウスリーフが豊富なこと、比較的新しいこと、水上ヴィラに泊まれること、訪れる日本人も少なく海外感が味わえること、担当してくれたスタッフの方も実際に行ってみてオススメだったこと。

予算的にオーバーしてしまったのだが、初日はモルディブのマーレに宿泊して、翌日にリゾートに移動するプランを提案していただき、ほぼ予算内に収まった。

プランはこんな感じ。

  • 日程は3月上旬 モルディブ 4泊6日
  • オールインクルーシブ
  • 航空会社はスリランカ航空
  • コロンボ(スリランカ)経由モルディブ行き
  • 初日はマーレ宿泊
  • 翌日にスピードボードでリゾートに移動して3泊
  • リゾートはオーブルセレクトアットサンゲリ

このプランに納得していたし、熟考しても変わらないと思ったので、その場で申込をした。

その後、出発まで、質問や不安があれば、担当の方にメールすれば直ぐに回答してもらえるし、現地での送迎なども特に問題なかったので、今回エス・ティー・ワールドで手配して正解たと思う。

旅行準備

 

 持って行くと良いもの

日焼け止め

日差しが強烈なので日焼け止めは必須。シュノーケル中、手の甲に塗るのを忘れてしまったのだが、おかげで酷い日焼けをしてしまった。

サングラス

日差しが強いので。殆どの人がサングラスしている。

 

ラッシュガード(上下)

シュノーケルなどマリンスポーツをやるならあったほうが良い。自分たちは長時間シュノーケルをやってたので、ラッシュガードがなかったら大変なことになってたと思う。
他に着てる人は殆どいなかったが、快適に過ごすには必須。
楽天で安いのを買ったが十分だった。

サンダル

オーブルセレクトアットサンゲリは部屋にビーチサンダルがある。これは支給されてるもので持って帰っても良い。
ただ、これが足に合わないこともあるし、長時間歩くには向かない場合もあるので、履き慣れたサンダルがあると良い。

防水スマホケース

マリンスポーツをやるならあると良い。
特にスマホケースに入れたまま撮影ができるものが良い。シュノーケルでは、防水スマホケースに入れたiPhoneでたくさん水中の撮影してきた。
水中カメラなどを用意するのなら不要かも知れないが、貴重品を入れるような防水ポーチのようなものはあった方が良い。
オーブルセレクトアットサンゲリの部屋はカードキーなので、防水スマホケースにiPhoneと一緒に入れておくことができた。

僕はこちらを使った。防水機能は問題なく、ケースの上からも撮影ができた。海中で撮影する時はちょっとコツが必要だったので、練習してから行けば良かった。

 

 

用意したが殆ど使わなかったもの

マルチプラグ

オーブルセレクトアットサンゲリの水上ヴィラの電源タップは、どのようなプラグ形状にも対応できる形になっていた。

海外用レンタルWiFi

リゾート内で使えるWiFiがある。水上ヴィラまで届くか不安だったので持っていったが、水上ヴィラでもLINEやネット検索するくらいはリゾートのWiFIで十分だった。
移動中の空港にもフリーWiFiがあるが、繋がりにくいので、そういうところでもネットに繋ぎたい場合は、レンタルWiFi持ってると良いかも。

服装について

日本の夏と同じ服装で良い。滞在中は、Tシャツとハーフパンツ、サンダルで過ごした。

フォーマルなレストラン用にポロシャツも用意したが、Tシャツでも大丈夫そうだった。(Tシャツの人もいた。)

夜、急に冷え込んだりすることもないので上着も必要なかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>