パピヨン

独房でのマックイーンの演技が圧巻だった。
この時代ではまだ特殊メイクの技術も高くないだろう。
あれだけのリアリティを出すのにどれほどの努力をしたのだろうか。
そのシーンだけでも観る価値はある。
※以下ネタバレあり
独房のシーンは演技に注目が行ってしまうけど、
作品を通しても大事なシーンだったと思う。
人間の限界まで追い詰められて精神も衰弱していきながらも、
「何としても生き延びてやる」と言う生きる力、
差し入れしてくれた友人の名を絶対に明かさなかった友情、
この二つはパピヨンと言う人間がどういった人間かよく表してる。
ストーリーも他の脱走ものとは少し異なり、
脱走してからのシーンも長い。
そしてまた捕まる(笑)
脱走した時点でエンディングに向うパターンが多いのだが、
これには予想を裏切られた。
また何度失敗しても諦めない不屈の精神が良い。
老人になってしまったら、
残り少ない余生を慎ましやかに暮らそうと思うドガの考えはよく分かる。
それでも非常に危険なリスクを侵してまで、
自由を求め続けたパピヨンの生き方には胸を熱くするものがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>