なぜレーシック難民は生まれるのか?

レーシック難民とは

レーシック手術を受けた後に、後遺症や何らかの目のトラブルに悩まされるが、眼科で満足な診療を受けることができずに困窮している人の総称。

レーシック難民とは – 新語時事用語辞典 Weblio辞書

レーシックを受けた後には高い確率で何らかの合併症や後遺症は起こる。
ただ、その殆どが軽度の「ハロ」や「グレア」、「ドライアイ」であり
時間と共に回復するか気にならなくなる程度まで落ち着く。

レーシックをやって良かったと言ってる方の中には、
軽度の合併症・後遺症は経験した方もいるだろう。
でも今は問題無くなったから「やって良かった」と言えるのだろう。

そういう人達からすれば、
レーシック難民の症状も「いずれ回復するだろう」と思うのかも知れない。

だがレーシック難民の場合はそうではない。

人によって症状は違うが、
軽度ではなく重度のドライアイ、
目の痛み、頭痛、眠れないなどの症状がある。
中には仕事ができなくなるなど日常生活に支障をきたす場合もある。
そしてそれが今なお続いてる。

手術した医院でアフターケアしてくれないの?

殆どのレーシックをやってる医院は手術後の保障を謳ってる。
であればそこで症状を回復する治療をしてもらえば良いのでは?と思うかも知れないが、
それができないから”難民”になるのである。

レーシック難民の人の症状は、
客観的な検査データに表れないタイプのトラブルが多い。
なのでどんなに苦しい症状を訴えても
医院側としては「データ上問題がない」として適切な治療をしてくれない。

だからレーシック難民の人は適切な治療をしてくれる他の医院を探すしかないのだ。
しかしレーシックの経験・知識があって適切な治療をしてくれる一般眼科を
探すのも難しいのが現状。
(そして当然違う医院を受けるので実費となる)

トラブルの大半は「過矯正」

必要以上の近視矯正をしてしまった「過矯正」を抱えるレーシック難民の人は多い。
目には調整機能がるため、実際には過矯正でも、
検査データ上では正視や軽い遠視と判断されてしまいやすい

過矯正は視力や屈折データに表れないため、見抜くには医師側にも経験が必要です。

ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本 より

結果、データ上問題無いので治療してもらえないと言うことになる。

しかし、これでは常に調整筋を酷使していることになり、目に多大な負担がかかる。
その結果として、近くが見え辛いなどの問題ばかりでなく、頭痛や吐き気あどの全身症状まで引き起こされる。
重度の症状になると、眠れなくなったり、鬱症状を引き起こすこともある。

そう言った苦しみを分かってくれないのもまた、
レーシック難民の人にとっては辛いことだと思う。

特に手術件数を増やしたい大手クリニックでは、
「視力1.5」を作り出すため画一的な治療を行っている場合がある。
しかし「視力1.5」は良い視力なのだろうか?
実際現代の日本では0.7〜1.0あれば日常生活に困らないと言われている。
逆にテレビやPC、読書を長時間する人にとっては1.5は目に負担が大きいと思う。

医者が言う1.5を鵜呑みにせずに自分に合った適正視力を考えることも、
レーシックのリスクを減らす為に必要なことだ。
これからレーシックを行う方はその辺りもしっかりと調べることを強く勧める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>