太陽がいっぱい


※ネタバレあり
大好きな彼女をものにするにはあいつの存在が邪魔だ。
いっそあいつを殺害して彼女も金も全て手に入れてやる。
元からあいつは好かなかったし丁度良い。
俺は賢いから大丈夫、上手く行くさ。
恋は盲目と言うが、
そんな感じで突っ走ってしまったトム。
実際のところ彼の完全犯罪はツメが甘く、
それがきっかけで失敗するのだが。
冷静に財産だけを奪おうとしてればもう少し違ったのかも。
マルジュを手に入れたいがために、
余計な行動や感情に走った行動をしてしまう。
一見冷静に見えるが、実際は恋に溺れた狂人。
フレディを殺害した後、その部屋で冷静にチキンを食べるシーンからはトムの常軌を逸した精神状態が垣間見れる。
この映画は、一人の女性を手に入れる為なら
他人の犠牲も殺害さえも厭わないと思う人間の狂気が恐ろしい。
トムが望むものを手にし「太陽がいっぱいだ」と歓喜を味わってる状態から、
奈落の底へと堕ちる最後のシーン。
この明暗が心にずっしりと残る…。
ちなみに同原作でマット・デイモン主演の「リプリー」という映画があるが、
これは「太陽がいっぱい」のリメイクではなく、あくまで別作品らしい。
大筋は一緒なのだがその違いを比べながら観るのも面白いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>