「人脈」つかいこなし術


今までは人の力を借りるのが苦手で、
できる事は自分の力でやってきた。
だが、一人の力でできることには限界があると気付き
これからは人の力も借りてやっていこうと思う。
そこで「32歳からの「人脈」使いこなし術を」読んでみた。
以下は簡単なまとめ。

名刺を分類する

名刺を
1.また会いたい人
2.何かあればつながっておきたい人
3.連絡をしなくてもいい人
に分ける。
更に1.また会いたい人を
・仕事として会いたいのか?
・人として会いたいのか?
・異性として会いたいのか?
に分け、各々を
「自分から連絡をとってすぐに会いたいのか?」
「連絡が来たら会おうという感じか?」
に分類する。
ここで「自分から連絡をとってすぐに会いたいのか?」に当てはまる人と会う確率をとにかく増やす。
そしてそう思った人には積極的にアプローチしていく。
また、本書では名刺交換した人を前提としてるが、
知人の知り合いやネットで知った人も同様と考えられる。

お目当ての人へのアプローチの仕方

いつも気にかけてることを行動や言葉で示す。
趣味やお酒の場に誘われたら積極的に参加し、
相手の話をたくさん聞き出す事でニーズも引き出せる。

「バーター営業人脈法」を活用する

バーター法とは物々交換の意味で相手の欲しい物とこちらの欲しい物を交換すること。
これは物だけに限らず、人材や商品、機会などの交換にも活用できる。
相手のニーズが何であれこちらが応えることができれば、
こちらのニーズにも相手が応えてくれやすくなる。
ただし、すぐに見返りを求めるのはやめた方が良い。

見返りはお金では買えない「人の心」としてとっておく

30代に差し掛かったら「人の力を借りる」工夫をしよう

30代になると、リーダーになったり独立したりする機会が増え
自分一人で成果を出せば良かったところが
部下を使ったり、人脈をフル活用する、など意識が変わる。
上司や部下の上手な接し方や「人の力のうまい借り方」を身につけたい。

人脈から価値や情報を引き出す

人脈を活用すれば様々な価値や情報が得られる。

  • ビッグネームと知り合いだと信頼が得やすい
  • 専門外で悩んだ時は専門の人に聞く
  • ネットの繋がりも活用できる
  • 自分が目指すもので成功してる人に相談する
  • 成功者のマインドを吸収できる

人脈を広げる

「紹介されやすい人」になる。
すなわち魅力的な人、信頼できる人、好まれる人である事で、
新しい人に紹介される機会が増える。
また、人脈の広い人と仲良くなる事でそこから連鎖的に人脈が広がる。
「交流会」を実際にセッティングするのも人脈を広げる一つの方法。

人脈のメンテナンス

せっかくの人脈も疎かにしてると相手は離れていってしまう。
人脈を維持するのに大事なのは「誠実さ」だろう。
さらに相手の状況を理解する気の配り方なども大切。
要は人脈は相手あってのものなので、
自己中心的にならないように気をつけなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>