ドガ展

横浜美術館で開催されているドガ展に行って来た。
エドガー・ドガは好きな画家の一人だ。
特に個人的に好きなのはバレリーナを描いた作品。
光の明暗に衣装の質感、肉体美から動作、心情までもが見事に描かれてる気がするからだ。
どうして日常の一瞬をこのように切り取る事ができるのだろうか?と
ただ感嘆してしまう。
自分の好きなマンガの中でこういう台詞がある。
「すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形で残すという所だな。」
凄くよく分かる。
技法なんて昔より今の方が優れてるだろう。
技術だって昔の画家より優れた人もいるだろう。
だけど、どんなに精巧に模倣してもオリジナルを超えられないのは、
そこに込められた想い、魂の違いなんじゃないかと思う。
だから動きもしない、音も出ないただの一枚の静止画が
ここまで人の心を揺さぶるのではないだろうか。
自分もその様なものを世に残したいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>