クライマーズ・ハイ


御巣鷹山の日航機事故を中心にリアルで深い数々のドラマが展開される。
著書は日航機事故の時に地元の新聞記者であったらしい。
なので事故を取り巻く周囲の様子や新聞社の内情などが
細かく掘り下げられてるのも納得がいく。
とにかくリアルでこれはノンフィクションなのでは?と疑うくらいだ。
悠木の抱える職場や家庭での悩みや苦しみ、葛藤は
特に中堅どころの働く男には共感できる部分が多々あるのではないだろうか。
上司に圧力をかけられて思う様に出来なかったり、
反発して強行してみたものの最終的に安全策を選択してしまったり、
家庭では子供に距離を置かれたり。
誰もがヒーローになりたいと思う。
仕事で優秀な業績を上げたり、
強行で成功を納め上司をやり込めたり、
家庭では子供に尊敬されたり。
でも現実は理想通りにはいかない。
色んな問題がある。
特に人間関係なんて思い通りに行く事の方が少ない。
だけど問題を一つずつ乗り越えて行くしか無い。
時には失敗して打ちひしがれる事もあるけど、
それでも前進して前進して頂きを目指さなければ何も変わらない。
自分にはそうやって一つずつ問題に立ち向かって行く悠木が、
頂を攻めるクライマーの様に感じられた。
自分も困難が起きた時には立ち向かって行こう。
そう勇気づけられる一作だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>