尿膜管遺残です

1月25日
朝一で泌尿器科に行く。
その場でCTスキャンの予約を取ってもらう。
ここは開業医なので、
CTスキャンは大きい施設でないと無いので
CTは大きな病院で撮ることになる。
予約は取れたが時間が中途半端だったので、
一度家に帰って案内された病院に向かう。
病院でCTスキャンと撮って、
フィルムを預り再び泌尿器科へ。
フィルムを見て、
9割型、尿膜管遺残だろうと言われる。
そうなるとここでは対応しきれないのでと、
大学病院への紹介状を書いてもらう。
この日は時間が遅かったので、
明日に大学病院に行くことにする。
1月26日
朝一で大学病院に向かう。
肝心のへそは痛みは殆どない。
ただ、相変わらず肉芽は残ってる。
自分を看てくれた先生は、
紹介状の先生とは異なったがそれに関しては特に問題ない。
紹介状と、問診、CTのフィルムを見ながら、
最終的に尿膜管遺残と診断された。
この段階に来るまでに、ネットで色々読んでて
無理やり膿を出された、とか、ガーゼを突っ込まれたとか、
激痛エピソードがあったけど、
自分は何もされなかった。
峠は超えてたってことか?
それとも抗生物質がよく効いてくれたのか。
とにかくこのまま薬を飲み続けてくれれば、
大丈夫であると。
でもやはり、薬で感染が無くなった後は、
再発防止のために切除した方が良いと言われた。
まあ、それも他の人の話を聞いてたから予想通り。
取り敢えずは感染を無くすことだな。
次の診察が約2週間後。
このまま大人しく引いてくれるのを祈るばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>