Mac OS 10.5でPHP

Mac OS Xでは簡単にPHPやCGIを動かす事が出来る。
以前のOS10.4でも使えるようにしてたので、
現OS10.5でも使えるようにしようと思う。
ところが10.4と10.5では、httpd.confのパスが異なるらしい。
と言うか、それ以前にどう設定すれば良いのか丸忘れした。
なので、個人用に作業手順をメモしとく。
■作業手順
(1).httpd.confファイルをコピー
(2).コピーしたhttpd.confファイルの内容を変更
(3).オリジナルのhttpd.confのバックアップを作成し、変更したhttpd.confを元の場所に戻す
(4).システム環境設定の「web共有」のをオンにする
(1).httpd.confファイルをコピー
OS10.5では、httpd.confファイルは以下の場所にある。

/etc/apache2/httpd.conf

しかし、Finderからでは通常この場所にアクセス出来ないので、
Macに標準インストールされているターミナルを使用する。
ターミナルで

cp /etc/apache2/httpd.conf ~

と入力。
これは、httpd.confをホームディレクトリにコピーするという命令。
※ …/httpd.conf(スペース)(チルダ)
(httpd.confと~の間にスペース空けるの気づかなくて、いきなり躓いた…)
(2).コピーしたhttpd.confファイルの内容を変更
ホームディレクトリにhttpd.confファイルがコピーされてるので、
これをテキストエディタで開く。

#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

と言う行を探して、頭の#を取る。
保存。
(3).オリジナルのhttpd.confのバックアップを作成し、変更したhttpd.confを元の場所に戻す
ターミナルで、

sudo mv /etc/apache2/httpd.conf /etc/apache2/httpd-backup

と入力。
パスワードを聞かれるので、システムのパスワードを入力。
これは、httpd.confをhttpd-backupと言う名前で、/etc/apache2/ディレクトリに移動と言う命令。
ただし、root権限でないとこの操作が出来ないため、頭にsudoと入力している。
そして、

sudo mv ~/httpd.conf /etc/apache2/httpd.conf

と入力。
先ほど編集したhttpd.confを元の場所に戻す。
これでPHPを使用する為の設定は完了。
(4).システム環境設定の「web共有」のをオンにする
システム環境設定の「web共有」をオンにすれば、PHPが動作するようになる。
ブラウザでアクセスする場合のパスは、

http://localhost/~username/

これは、ホームディレクトリ/サイトフォルダ に当たる。
PHPが動作してるかテストする為に、

と記述したinfo.phpをサイトフォルダに置く。
ブラウザで、

http://localhost/~username/php.info

にアクセス。
PHPが正常に動作してれば、PHP情報が表示される。
以上。
やる事は非常に簡単なのだけど、
僕はシステムとかあまり弄らないので少し手間取った。
ちなみに10.5のPHPのバージョンは5.2.4のようだ。
■参考にしたサイト
ターミナルを使ってみよう
OSXでCGI、Perl、phpを動かす
Mac OS X 10.5 Leopard で PHP を動作させるには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>