大回顧展 モネ

国立新美術館のモネ展に行って来た。
モネは好きな画家の一人であり、
「睡蓮」はよく美術館で目にするが回顧展に行くのは今回が初。
また、国立新美術館に行くのも初だった。
よく晴れた土曜と言う事もあり、混雑は予想してたが
予想を遥かに超えて『入場30分待ち』と。
僕の周りにあまり美術館とかに行く人がいないから
これにはちょっと驚いた。
意外とアート好きな人って多いんだな。
モネの絵を観て感じた事は、
光の捉え方と色の使い方が巧みだなと。
モネと言えば、光に満ちて点描のような柔らかなタッチのイメージがあったが
今回の回顧展で様々な画風、タッチの絵を観た。
「こんな絵も描くんだ」と言う驚きもあった。
始めから今では誰もが知ってる画風があったのではなく、
そこに至まで色々な試行錯誤をして来たのだと思う。
回顧展ではそういう流れを感じる事が出来る。
一流と呼ばれる人達が他の人達と異なるのは、
才能よりも積み重ねて来た努力の量・質だと思う。
僕はそう思うのだがどうでしょう?
でもそう思えると努力する事に対してモチベーションが上がる。
誰にでも一流になれる可能性はあるのだと。
大回顧展 モネ
nationalmusium.jpg
国立新美術館。想像より小さかった。ビックサイト位を想像してたので…

「大回顧展 モネ」への4件のフィードバック

  1. ヒロも色々と模索しながら たくさんのキャンバスに色を付けてってね。 芸術品は完成品やゴールって無い気がする。
    私も神戸展行ったよ。モネだって自信納得していた訳じゃないみたいだしね。先ずは描く人が、何を伝えたいか?って事なのかな?  ゴールが見えない分 困難だけど面白さでもあるんじゃない(^^)?

  2. そうだね、芸術作品にゴールは無いんだろうね。そこが難しい所でもあり、面白い所でもあるのだけど。
    何かを伝えたくて描くのだろうか?
    自分の想い・感動を表現したくて描くのだろうか?
    俺はきっとその両方なんだと思う。

  3. 見てきたんだ?o(^ー^o)
    国立新美術館って結構小さいの?…それは意外!
    私も上京したら(笑)行ってみたいんだよね♪

  4. そうなんよ。場所も市街地の中の方だし、イメージと全然違ったね。
    でもやっぱり中身は奇麗だったよ〜。
    上京したら行ってみてね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>