一人で遅めの夕食を取りながら、
ある人の事を思い出してた。
とても近い存在であったが会えなかった人。
最近では地元の友達の次に、
ワーホリの友達とよく会う。
先日も、沖縄から上京して来て
都会で頑張って闘っている友達と会って来た。
他の人はいざ知らず、僕がワーホリに行ったのは、
ほんとちょっとしたきっかけ。
思いつきに近い部分がある。
でもその思いつきが無ければ、
今の友達とは永遠に会ってなかったかもしれない。
これも縁だろう。
だけど逆の事も言える。
「縁が無かった」
望んでもそれが叶わない縁もある。
僕が出会えなかったその人とも、
きっと縁が無かったのだろう。
何度も言ってる事だけど、縁とは不思議なもの。
自分の力ではどうにもならない事があるとは認めたくは無いものだが、
やはり僕らの力の及ばない大きな力と言うものは確かにあると思う。
だからと言って、
世の中にはどうしようもない事があるから。と言って卑屈になってる訳ではない。
ただ、時には「自分の力の及ばない事」も受け入れて前に進む事も必要なのだと思う。
人事を尽くして天命を待つ

「縁」への3件のフィードバック

  1. それでも縁でが無かったって一言で片付けたくない人も自分の人生思い起こすと、いるよね。後悔っていうか、さ。でも縁が無かったって、自分に言い聞かせるのが一番楽だったんだよね。縁、ていうか運命私もあるって思うよ。だって縁、運命があればまたいつか、その人に会えるかもって期待が持てるし。その為にそうやって信じてきたのかも。

  2. うーん。出会った時点、その人の存在を知った時点で縁があったと思っちゃうな。それだけの縁。縁の種類もいろいろあるしって思っちゃう。自分が望んだ関係にならなくても。それは残念だけどね。よしみがいうように、運命だったらまた会えるしね。どこまでが自分で創る縁で、どこからがトントン拍子で行く縁かわからないのが醍醐味だったりして。

  3. >よしみ
    縁って言うか、運命。あると思うね。
    そうだね〜、今は「縁が無い」かも知れないけど、
    そのうち「縁があった」に変わるかも知れないし。
    縁も不変じゃないと思うからね。
    >むー
    昨日はお疲れ様☆
    なるほどね、縁にもいろんな種類がある、か。
    どこまでが自分で作る縁か分からない…。
    だからこそ、人生って難しくて面白くもあるんだろうね。
    良い縁が廻って来るのを期待して頑張ろ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>