タクシードライバー

タクシードライバータクシードライバー

いつか観ようと思ってる過去の名作は、
新しい作品の方を観てしまってなかなか観ないでいる。
やっとこさタクシードライバーを観た。
余韻を残す面白さ。
名作と言われるだけある。
<↓ややネタばれ…かな?>
一人の不眠症のタクシードライバーが社会と孤独に押しつぶされて、
最終的にイカれてしまう映画なのだが、
その刻々と変化する心情が僕にはよく理解できる。
退廃的な社会と孤独感。
この作品はもう30年以上前の作品になるのだが、
上の二つの言葉は現代の日本にも通じると思う。
それがこの作品を面白いと思う要素の一つ。
時々イカれた人達が事件を起こし世間を騒がすが、
そういう人とトラヴィスは共通する部分がある気がする。
トラヴィスの気持ちが分かる僕もイカれる可能性ありですね。
あと、見所は若かりし頃のデ・ニーロ。
それと13歳のセクシーなジョディ・フォスター。
そして最後にこの時代のアメリカの法律に疑問を持った。

「タクシードライバー」への7件のフィードバック

  1. わぁー懐かしい。。ww
    10年くらい前に見たきり一度も見てないけど、
    何か衝撃的だったのは覚えてる。
    覚えてるのは、セクシーでキュートな
    ジョディとセクシーでカッコいいデニーロを
    見て、これがアメリカンなのか?って。ワラ)
    よくポスターやカードに使われてる、俯いて歩く
    デニーロの哀愁は演技とは思えぬスゴさよね。
    ヒロにはまだあの哀愁きっと必要ないよね?
    てか、20代であるのも、ねぇ。と思うのは私だけ?笑

  2. やっぱひろゆきくん素敵だわ!!俺も「タクシードライバー」見たけど、感想は「デ・ニーロのモヒカンかっけっー」とかそんなレベルのものですもん。ストーリーをただ見るんではなく、その裏にあるものを鋭く読み取れていますものな。やっぱそういう風に映画観れる人じゃないとこういう文章書けないんでしょうな。俺の「タクシードライバー」への総合的な感想、「何がかっこいいのか良くわかんなかったけど、かっこよかった」。。。だめだぁ〜〜、こんなんじゃだめだ〜〜!!

  3. >ありさ
    やっぱ皆観てるんだね、有名だもんね。
    確かに衝撃的。
    デ・ニーロって歳を取ってからの渋いイメージしかなかったけど、
    若い頃も負けず劣らずカッコいいね。
    あの哀愁?オレにはないよ…。
    これから先も出る気がしない(^^;
    >ユースケ
    あー、でも『とにかくデ・ニーロかっこいい!」って気持ちは分かるわー。
    モヒカンがかっこいいと思える男はそういないでしょ。
    けど、あの大統領候補を暗殺しようとして
    あっさりバレちゃったのは意外と間抜けだよね…。
    最近は映画観てもそこにある主題・メッセージは何だろと考えてしまうね。
    逆に言えば難しく考えてしまってるって部分もあるんだよね。
    アクションなんかは頭空っぽにして観るけどね〜。

  4. これ、観たんだけど、確か中学生くらいのときだったかなあ。
    私も「デ・ニーロかっこいいけど、なんかよくわかんない…」
    くらいの感想だったな。映画って、観る時期によって受け止め方
    違うもんね?理解できるときとできないときと。
    私もいつの日にか、ジブリやディズニーを楽しめるようになりたいです。
    あと、早く人間にもなりたいです。
    人間になったらビヨンセみたくなりたい。あと金も欲しい。
    できたら世界征服したいです。そのために一生懸命ミッキーマウスの
    中の仕事をがんばります。(言っちゃった!!)

  5. >ミッキーマウスの内蔵
    「人間になりたい」ってあんた溶解人間ベムですか?
    えっと、この映画が30年前に公開されて、
    きっとあなたはリアルタイムで観に行ったんでしょうね。
    って事は、今のお歳は…、
    おっとそれを言っちゃあ終しまいよ。
    ミッキーに人が入ってるなんて言っちゃあ終しまいよ。
    良いですか、ミッキーは生きてるんです。
    真っ赤な血が流れてて、心臓や肝臓や大腸やもドクドク動いてるんです。
    だからあなたは中身と言うより内蔵です。
    酒を飲み過ぎて弱ったミッキーの肝臓です。

  6. (↑うわ〜、言っちゃった!この人絶対消されるわ。闇組織ディズニーに。)

  7. >人喰い熊のプーさん
    ディズニーが何ぼのもんじゃい!
    あ、でも美女軍団に襲われたらやられちゃうな。
    美女軍団だよ、美女軍団。よろしく☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>