キスは愛という文字を完成させる最後のドット

ドット・ジ・アイ
前半部分は恋愛ものかと思ってしまった。
ただ、サブリミナル的に入る映像が
それだけでは終わらないと予感はさせるが。
フィルムの中の世界と現実の境目が一瞬曖昧になる。
だが最終的にはそこに一本の境界線が引かれる。
逆にこの境界を曖昧にしたままだったら、
マルホランド・ドライブのような難解な作品になったのかも知れない。
リアリティを求めようとした感はあるが、
やはり映画的な出来過ぎ感は否めない。
人物の内面描写も最後はちょっと薄っぺらだった気がする。
でも二転三転するストーリーはおもしろかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>